C'Lab

[グリーンファイル](工事・通勤)用車両届の書き方を、上から順に徹底解説!

建築コラム

5
グリーンファイル 工事/通勤用車両届

工事現場や通勤時に使用するさまざまな車両。もしも現場とは関係のない公道で車両事故が起こってしまったら、責任の所在はどうなるのでしょうか?

今回のテーマである「(工事・通勤)用車両届」は、そのような場合に備えて、工事の関係車両を管理するためのものです。

項目ごとに詳しくご説明していきますので、書類作成の参考にしてみてくださいね。

「(工事・通勤)用車両届」とは

現場に出入りする工事関係車両を、元請が管理するための書類。それが、「(工事・通勤)用車両届」です。一次下請負をはじめ、車両を使用する全ての協力会社がそれぞれ提出する必要があります。

書類の基本フォーマット(様式)は、「全建統一参考様式第8号」です。元請負が用意するものによりフォーマットに多少の差異はありますが、それほど大きくは違いません。

主に記載する内容は、車両を運転する人の氏名・免許証情報・保険の種類や有無・通勤の経路についてです。これらの内容がもれなく記入されていれば、オリジナルのフォーマットを使っても構いません。

「全建統一参考様式第8号」を使う際には、書類のタイトルにある(工事・通勤)のどちらかを〇(丸)で囲み、使用用途を明確にしたうえで各項目を埋めていきましょう。

書類の作成前に注意したい2つのポイント

書類作成をはじめる前に、注意したいポイントが2つあります。

1つめのポイントは、この「(工事・通勤)用車両届」は、車両1台ごとに提出する書類であるということです。そのため、会社のメンバーが各自の車で通勤する場合には、そのメンバー全員分の書類を提出する必要があります。

ただし、元請負が用意する書類フォーマットによっては、1枚の用紙に複数台分の記入欄がつくられていることもあります。書類の様式に従って、使用される全ての車両を記載して提出するように注意しましょう。

なお、「型式」という項目が「車種」になっていたり、「車両番号」の項目に「自動車登録番号」と書いてあったりするなど、フォーマットによって表現が異なるケースもあります。柔軟に対応しましょう。

2つめのポイントは、「(工事・通勤)用車両届」の提出時には、任意保険の証書のコピーを添付する必要があるということです。

もしも元請負に求められた場合には、車検証・運転免許証のコピーや、運行経路図なども一緒に添付しましょう。

このように、対象の車両が1台だけだとしても、複数の書類を用意する必要があるので、ご注意ください。

「(工事・通勤)用車両届」の書き方を項目ごとに解説

それでは、「(工事・通勤)用車両届」の書き方を、各項目ごとにお伝えしていきます。

事務所等の各名称

この欄には、事業所の名称・所長名・一次会社名・使用会社名(二次)・現場代理人(現場責任者)の項目があります。各項目に、該当する人や組織などの名前を書きましょう。

なお、「現場代理人(現場責任者)」の項目には、該当者の印鑑が必要となります。忘れずにもらいましょう。

使用期間

「使用期間」の欄には、該当の車両が現場に入る期間を日単位で記入します。
※ 記入の例:令和3年10月1日~令和3年12月3日

所有者氏名

この欄には、該当する車両の所有者名を記入します。所有者が会社である場合には、会社名を記入、もしくは「社用車」と書きましょう。

安全運転管理者氏名

この欄に記入するのは、使う車両の台数が多い場合に、管理を統括しておこなう立場の
人の名前です。

選任が必要な台数の基準は、普通自動車なら5台以上、マイクロバスなら1台以上です。車両の台数が基準より少ない場合は、空欄のままでも構いません。

選任する場合には要件があるので、よく確認して名前を記入しましょう。選任要件はつぎのとおりです。

・年齢20歳以上(副安全運転管理者を置く場合は30歳以上)
・2年以上の運転管理の実務経験がある者。または同等以上の能力があると公安委員会が認めた者
・過去2年以内に公安委員会の安全運転管理者等の解任命令を受けたことのない者

また、安全運転管理者を選任した場合には、その日から15日以内に、建設業者の本店や営業所を管轄する警察署をとおして、公安委員会に届け出が必要となります。

車両について

この欄は、型式・車両番号・車検期間の3項目に分かれています。

「型式」の項目には、ワゴン・ミニバン・マイクロバス・トラックなどの車種を記入します。記載にあたって細かな指定がある際は、車両名を書くこともあります。

「車両番号」の項目にはナンバープレートの番号を、また「車検期間」の項目には車検証に記載されている期間を書きましょう。

運転者について

この欄には、氏名・生年月日・住所・免許の種類・免許番号を記入します。これらは、運転者のもつ免許証を見ながら記入すればOKです。

ただし、運転者が変わる際には新たな届出書をつくることになります。人員の配置替えをおこなう時には、十分に気をつけましょう。

自賠責について

「自賠責」の欄には、保険会社名・証券番号・保険期間を記入しましょう。「自動車損害賠償責任保険証明書」を見ながら、書き損じや間違いのないようよくご確認ください。

任意保険について

この欄は、保険会社名・証券番号・対人・対物・搭乗者・保険期間の項目に分かれています。対人・対物・搭乗者の項目には、補償金額を記入しましょう。

「(工事・通勤)用車両届」を提出した後に、保険の解約やプランの変更をおこなった場合には、その都度新たな書類の提出が必要となります。

また、「作成前に注意したい2つのポイント」でもお伝えしたとおり、任意保険の証書のコピーは書類とあわせて提出しなければなりません。添付を忘れないように気をつけましょう。

運行経路

この欄には、出発地点から現場までの道のりを簡単に記入します。通行する主要道路や、交通経路上の主要な地点が書かれていれば問題ありません。
記入の例:自 会社(神田) 経由 神田橋~ 経由 馬場先門~ 至 丸の内作業場

もしも引越しなどで住所が変わった場合は、その都度新たな書類を提出しましょう。

また、書類のフォーマットによっては、経路の記載欄があったり、別紙で運行経路図を添付したりする場合もあります。

運行経路図を作成する場合には、つぎの5項目をまとめた書類をつくり、「(工事・通勤)用車両届」と一緒に提出しましょう。

1.運行経路の距離
2.所要時間
3.同乗者氏名
4.経路
5.略図
※必要事項の記載があれば、書式は自由ということが多いようです。

これらの書類は、事業所などから現場までの通勤経路を明らかにし、交通事故が発生した場合に通勤災害(場合によっては業務上の災害)か、その他の交通事故なのかを判断するために必要なものとなります。

記載された経路から大きく外れた地点で事故が起こった場合には、通勤災害と認められないこともあります。そのため、必ず実際に使用する経路を記入するようにしましょう。

あとがき

「(工事・通勤)用車両届」の作成にあたって難しい点は特になく、運転者や保険の状況などをよく確認し正確に記入すれば、問題なくつくることができます。

万が一事故が発生した時に社員や作業者の権利を守るためにも、運転者とよく話し合いながら、確実に書類の作成をおこないましょう。

その他の労務安全書類(グリーンファイル)について詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。