C'Lab

[グリーンファイル]火気使用願の書き方とは?詳しい解説で丸わかり!

建築コラム

6
火気使用願 グリーンファイル

「こんどの建設工事で火気を使うから、書類つくっておいてね!」

上司から頼まれたのはいいものの、書類作成のためにどこから手をつけていいかわからない…。そもそも、どんな書類をつくればいいのだろう…。そんなふうにお困りではありませんか?

今回は、火気を扱う工事の際に提出しなければならない「火気使用願」について、作成方法をわかりやすくお伝えします。

書類のフォーマットや各項目の書き方をひとつひとつ解説しているので、最後まで読むと必ず完成させることができますよ!

「火気使用願」って何?

「火気使用願」とは、労務安全書類(グリーンファイル)のひとつで、火を使用する工事をおこなう際に、「どんな場所」で、「どんな火気」を使うのか、安全上の管理方法などについてまとめた書類です。

その他の労務安全書類(グリーンファイル)について知りたい方には、こちらのまとめがおすすめです!

「火気使用願」のフォーマット(様式)

基本のフォーマット(様式)は「全建統一参考様式第9号」です。縦長の用紙に、大きな字で「火気使用願」と記載されているものを使用します。元請会社がオリジナルのフォーマット(様式)を用意していることもありますが、記入が必要な内容はほぼ同じです。

「火気使用願」を提出するために作成しなければならないのは、この用紙1枚のみです。そのため、他の労務安全書類(グリーンファイル)と比較すると、いくぶん簡単にデスクワークをおこなうことができます。

「火気使用願」の提出先

「火気使用願」を作成するのは、現場で火を使う会社です。

ここで、1つ覚えておきたいポイントがあります。それは、火気を使用するのが二次下請負や三次下請負の場合です。この場合は、書類ができあがった後、元請に直接提出するのではなく、一次下請の会社に提出する必要があるということを忘れないようにしましょう。

一次下請の会社は、二次下請負や三次下請負から提出された「火気使用願」を、他の労務安全書類(グリーンファイル)とともに取りまとめて、元請へ提出します。

「火気使用願」の書き方 完全ガイド

ここからは、「火気使用願」の書き方についてお伝えしていきます。記入にあたり特別難しいことはありません。各項目について解説しますので、そちらを参考にしながら落ちついて書いていきましょう。

記入が必要な項目は、以下のとおりです。

・署名欄
・使用場所
・使用目的
・使用期間
・使用時間(原則)
・火気の種類
・管理方法
・火元責任者(後始末巡回者)
・火気使用責任者

署名欄

大きく「火気使用願」と記載されたすぐ下にあるのは、5つの署名欄です。左にあるのが「事業所の名称」と「所長名」、右にあるのが「一次会社名」と「使用会社名」、そして「現場代理人(現場責任者)」です。

まずは左の欄を埋めましょう。「事業所の名称」には、工事がおこなわれる現場の名前を書きます。基本的には、国や地方自治体などの注文者や、元請会社が定めた建物の名前を記入することになります。
記入例:〇△新築工事、△△作業所、〇〇ビル改修工事など

「所長名」には、元請会社が配置している所長の氏名を記入しましょう。

つづいて右の欄に移ります。「一次会社名」には一次下請の会社名を、また「使用会社名」には工事に火を使う会社名を書きましょう。なお、こちらには()「カッコ」つきで何次下請負なのかを書くところが用意されています。使用会社が何次下請にあたるのかの記載もあわせておこないましょう。

「現場代理人(現場責任者)」は、工事の請負業務の、会社に代わる責任者です。工事の期間中に、現場に常駐することが可能な人の氏名を書きましょう。その人の印鑑も必要なので、捺印を忘れないように気をつけましょう。

使用場所

この欄には、火気を「使用する場所」と「施工内容(何をするのか)」を簡潔に記入します。
記入例:屋上の手摺(てすり)取りつけ

「使用場所」という文字だけを見るとそのまま場所だけ書いてしまいそうになりますが、「施工内容(何をするのか)」についても、もれなく記入しましょう。

使用目的

「使用目的」の欄内には、溶接や圧接、乾燥などと記載されているので、該当項目をすべて〇(丸)で囲みます。

溶接や溶断といった、いかにも「工事現場!」といったものの他にも、湯沸や炊事のような、一見すると工事とは関係がなさそうなものもあります。しかし、これは現場で煮炊きするケースなどを想定した項目です。現場内の事務所や宿舎、休憩所などの湯沸かし器、暖房などが含まれます。このようなケースにも火気使用願を提出する必要がありますので、ご注意ください。

使用期間・使用時間(原則)

こちらは、火気を使用する期間と1日の使用時間を記入する欄です。現場ごとに決められた始業時刻と終業時刻を書きましょう。終業時刻を過ぎて作業する場合には、事前に現場監督に届け出る必要があります。

火気の種類

つづいて、「火気の種類」の記入欄です。火気に使用される燃料を確認して、ガスや電気、灯油や木炭など、すべての該当項目に〇(丸)をつけましょう。

管理方法

この欄は、万一の時の防火器具を明記する項目です。火気を使用した工事を安全におこなうために、どのような工事体制を整えているのかが、ひと目でわかります。

消化器や防火用水、防災シートなど、工事現場に用意している防火器具をすべて〇(丸)で囲ってください。

取り扱ううえでの注意点がある火気については、()「カッコ」の中に注意する内容を記入します。
記入例:「引火物を除いて作業をおこなう」「作業中に換気をおこなう」など

火元責任者(後始末巡回者)

主につぎの3点についてチェックを実施する責任者の氏名を書きます。

1.火気を使用した後に片づけがおこなわれているか
2.安全な場所に保管されているか
3.電源やガス栓などが止められているか

責任者には資格などは不要ですが、器具の使用方法や工事現場での火災の危険性について、正しい知識を持った人を選任するのがよいでしょう。

火気使用責任者

「火気使用責任者」の欄に氏名を記入する人は、使用する火気を扱う資格を保有していることが必須条件となります。該当する主な作業は、アーク溶接やガス溶接などです。

また、火元責任者(後始末巡回者)とは別の人を選ばなければなりません。こちらについても気をつけましょう。

あとがき

今回は、「火気使用願」の書き方について詳しくお伝えしてきました。

ご紹介した項目よりも下の方にある欄は、書類の提出後に元請側が記入する部分です。この書類をはじめに作成する会社側での記入は不要となりますので、今回は解説を省略しました。

「火気使用願」をはじめ、労務安全書類(グリーンファイル)は建設現場の安全確保のために欠かせない書類です。作成の手間はかかりますが、現場の事故を防止するため、そして関係者の命を守るために、しっかりと取り組んでいきましょう!