C'Lab

[グリーンファイル]分かりやすくご説明!持込機械等(移動式クレーン/車両建設機械等)使用届の書き方

建築コラム

10
持込機械等(移動式クレーン/車両建設機械等)使用届 書き方

「はたらく乗り物」として子どもたちにも親しまれている、ショベルカーやクレーンなどの重機。人間の力だけではおこなえないような作業も可能にしてくれる、建設工事に欠かせない存在です。

しかし、適切・安全に使わなければ、重機が事故やトラブルを引き起こしてしまうこともありえます。そのような状況を防ぐために作成するのが、労務安全書類(グリーンファイル)のひとつである「持込機械等(移動式クレーン/車両建設機械等)使用届」です。

この記事では、そんな「持込機械等(移動式クレーン/車両建設機械等)使用届」の書き方について、分かりやすくご説明しています。各項目について記入の仕方をお伝えしているので、ぜひご参照ください。

労務安全書類(グリーンファイル)について詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです!

「持込機械等(移動式クレーン/車両建設機械等)使用届」って何?

労務安全書類(グリーンファイル)のひとつである「持込機械等(移動式クレーン/車両建設機械等)使用届」。これは、建設工事において重機を使う企業が、元請の企業に提出する書類です。ここで使用される重機という用語に該当するのは、ショベルカーやブルドーザー、移動式クレーンや高所作業車などです。

この書類を作成する目的は、重機による事故を防いだり、使用状況を管理したりすることです。この書類によって、車種や使用期間・場所、運転者、検査状況などをデータ化し、重機を使ううえでの安全性を証明することができます。

また、「持込機械等(移動式クレーン/車両建設機械等)使用届」の基本のフォーマット(様式)は、「全建統一様式第3号」または「全建統一様式第9号」となっています。

なお、労務安全書類(グリーンファイル)の中には、工事を開始する前に一度提出すれば、それ以降は作成しなくてもよいものもあります。しかし、「持込機械等(移動式クレーン/車両建設機械等)使用届」は、機械を現場に持ち込むたびに提出が必要な書類となっています。さらに、車検証や検査票、任意保険証の写しなども一緒に提出しなければなりません。

「持込機械等(移動式クレーン/車両建設機械等)使用届」各項目に記入する内容

ここからは、記入が必要な各項目それぞれについてご説明していきます。

工事の概要・関係会社について

まずお伝えするのは、工事の概要と関係会社についての項目です。

・書類名

書類名として、用紙の上部中央に「(移動式クレーン/車両系建設機械 等)使用届」という文言が大きく記載されています。使用する重機が該当するのが、移動式クレーンまたは車両系建設機械のどちらなのかを確認しましょう。その上で、該当する方を〇(まる)で囲み、もう片方には取り消し線を引きます。

・事業所の名称

工事現場の作業所を記入します。例えば、「(株)△△建設 〇〇工事事務所」のように書くとよいでしょう。

・所長名

その建設工事における元請の責任者の氏名を記入しましょう。

・一次会社名

一次下請負業者名を記入します。

・持込会社名

機械を持ち込む会社名を記入します。同時に、「( 次)」と書かれた空欄には、持込会社が何次の下請負業者にあたるのかを、漢数字で書きましょう。

・代表者名

持込会社の代表者名を記入します。現場代理人でもかまいません。

・電話番号

持込会社の電話番号を記入しましょう。

使用する重機について

つづいてお伝えするのは、使用する重機についての項目です。項目をすべて並べると、次のとおりになります。

・使用会社名
・代表者名
・機械(名称/メーカー/規格・性能/製造年/管理番号)
・持込年月日
・搬出予定年月日
・使用場所
・自社・リースの区分
・正運転者(氏名/資格の種類)、副運転者(氏名/資格の種類)
・自主検査有効期限[定期(年次・月次)・特定]
・移動式クレーンなどの性能検査有効期限
・自動車検査有効期限
・任意保険[加入額(対人・対物)、搭乗者、その他、有効期限]
・機械等の特性・その他その使用上注意すべき事項

今回は、これらの項目のうち、記入の際に特に分かりづらいものをピックアップしてご説明していきます。

・使用会社名

ここには、重機を使用する会社名を記入します。例えば、重機を持ち込むのが二次請負業者、そして使用するのが三次請負業者であるケースでは、この項目に書くのは「三次請負業者」となります。少し込み入っているので、ご注意ください。

・代表者名

重機を使用する会社の代表者名を記入します。現場代理人でもかまいません。

・正運転者(氏名/資格の種類)、副運転者(氏名/資格の種類)

この「資格の種類」欄には、重機の操縦に必要となる免許・資格のみを書きましょう。関係のない免許・資格を記入する必要はありません。

・自主検査有効期限[定期(年次・月次)・特定]、移動式クレーンなどの性能検査有効期限、自動車検査有効期限

3つ並んでいる検査有効期限の欄にはそれぞれ、検査日ではなく検査有効期限を記入しましょう。この期限が工事期間中に切れるのは認められません。なので、確認を徹底するようにしましょう。

また、「特定」の欄に該当するのは、車両系荷役運搬機械(フォークリフトや不整地運搬車など)、車両系建設機械(ブルドーザーやパワーショベルなど)、高所作業車です。これらに該当しない車両の場合には、記入は必要ありません。

特に気をつけたい部分は、「移動式クレーンなどの性能検査有効期限」です。これは自社検査ではなく、労働基準監督署に申請をして検査を受けなければなりません。3トン以上のクレーン重機のみが該当しており、他の種類の重機は検査が不要となります。検査期限は、車検と同じく2年ごとになっているため、車検と一緒におこなっていれば問題はありません。

・機械等の特性・その他その使用上注意すべき事項

この欄には、その機械を安全に使用するうえで、守るべき注意事項を書きましょう。この項目を書く責任をもつのは、重機を貸与する会社です。そのため、重機を使用する会社には書かなくてもよい項目ということになります。ただし、重機を使用する際には、この項目に書かれている内容を熟読したうえで、安全に気を配った作業をおこなう必要があります。

点検票

A4用紙の2枚目、またはA3用紙の右側にあるのは、機械の点検記録を記入する項目です。書類の下部に細かく注意事項が記載してあるので、よく確認しながら記入していきましょう。

点検結果の(a)列は、機械を所有する会社の確認欄とします。いっぽう(b)列は、持込会社もしくは機械を使う会社の確認欄としましょう。また、元請が確認する場合のは、(b)列に記入してください。

まずは、使用する重機の種類を確認しましょう。これは、重機の種類によって、印を書く項目が異なっているためです。なお、別で検査をおこなった点検書類がある場合は、それを添付する形にしても問題ありません。その場合は、本書類で点検チェックをおこなう必要はなくなります。

あとがき

この記事では、「持込機械等(移動式クレーン/車両建設機械等)使用届」の記入の仕方についてお伝えしてきました。

建設作業で重機を使用する際は、安全への配慮が必要不可欠。書類づくりには手間がかかりますが、使用する重機について把握するための大切な作業になります。

無事故の建設工事のため、書類作成にもしっかりと取り組んでいきましょう。