C'Lab

[グリーンファイル]作業現場における事故や災害リスクへの対応策を検討する工事安全衛生計画書とは?

建築コラム

13
グリーンファイル 工事安全衛生計画書 記入例 書き方解説!

建設工事の現場作業には危険がつきものです。
工事に携わる会社や作業員は事故や災害が発生しないよう、安全に作業できる環境の整備を心がけなければなりません。

工事安全衛生計画書は、作業現場で発生する事故や災害のリスクを抑えるのに役立つ安全書類(グリーンファイル)です。
工事を安全に進めていくための方針や目標を書き込みます。
さらに、作業にともない予想される危険性・有害性を特定し、事故や災害の発生を抑えるための対策も検討して記載します。

どれだけ注意していても、工事中の事故や災害が発生する可能性をゼロにすることはできません。
しかし、計画書の内容をすべての作業員が把握し安全意識を高めることは、重大な事故や怪我から工事に関係する人々を守ることにつながります。
したがって、工事安全衛生計画書は義務的に作成せずに、作業中の現場を想定しながらしっかり作り込んでいきましょう。

今回はそんな工事安全衛生計画書の書き方などについてご紹介します。

「工事安全衛生計画書」と「安全衛生計画書」の違いは?

工事安全衛生計画書と名前がよく似ている書類があります。
それが「安全衛生計画書」です。
これらの書類は名前だけでなく、記入する一部の情報が同じという点でも類似しています。
それでは異なっているの部分とは、いったいどこなのでしょうか?
2つの書類が違っているところは、それぞれの様式です。

「工事安全衛生計画書」・・・全建統一様式という文書スタイル
「安全衛生計画書」・・・・・参考様式という文書スタイル

全建統一様式とは、建設現場での災害を未然に防ぐなどを目的とする法令を守るために、最低限必要な情報を文書でまとめられるよう、全国建設業協会が定めたものです。
参考様式は必要に応じて、全建統一様式を補うために作成されます。

工事安全衛生計画書の記入方法

全建統一様式第6号 工事安全衛生計画書

工事安全衛生計画書の記入について、詳しく見ていきます。
この記事では、実務で幅広く利用されている「全建統一様式第6号」への記入方法を参考に説明していきます。

前付部分への記入

前付部分

事業所の名称

工事現場の名称を記入します。

所長名

この欄の「所長」は、元請負業者の現場代理人のことです。
元請負業者へ確認して記入しましょう。

会社名

自社の名称を入力します。

現場代理人(現場責任者)

自社の現場代理人、または現場責任者の名前を入力します。
押印が必要な場合は、忘れないようにしましょう。

日付記入部分

作成日を記入します。

「工事安全衛生計画書」独自項目のへ記入

工事安全衛生方針

工事現場の安全衛生を確保するために必要な、施工する工事の安全衛生に関する基本的考え方を記載します。

工事安全衛生目標

工事安全衛生方針に沿った、安全衛生確保を達成するために必要な工事現場での具体的な取り組みを書き込みます。

どれくらいの水準まで取り組めば安全衛生の確保が期待できるか、詳しい数値などを含めて目標を設定します。

具体例
・2m以上の高所での作業時、安全帯使用率100%
・作業所内でのヘルメット着用の徹底

工種・工種別工事期間

工種・工種別工事期間

1.工種の列には作業する工事の作業内容を記載します。
2.工事別工事期間のすぐ下の行には、作業の施工期間を書き込みます。
3.工種の列に書いた作業内容の施工期間を、「←→」で表示します。

日常の安全衛生活動

日常の安全衛生活動

日常的に行なっていく安全衛生活動について記入します。
安全衛生に関する行事や安全施工サイクルなどの名目で、活動ごとに実施予定日や強化月間を設けて、継続しやすい計画を立てるケースもあります。

具体例
・安全大会・・・・・・毎月1日
・本社パトロール・・・毎月1回
・安全衛生ミーティング

資機材・保護具・資格の区分/その種類

資機材・保護具・資格の区分/その種類

工事に使用する資機材・保護具・資格について、主要なものを記入します。

具体例
「主な使用機械設備」
移動式クレーン、積載型トラッククレーン
「主な使用機器・工具」
ハンマ、ラチェット、玉掛けワイヤーロープ
「主な使用資材枠」
型枠用合板、単管、サポート
「使用保護具」
保護帽、安全帯、安全靴、手袋( 軍手・革)
「有資格者・配置予定者」
移動式クレーン運転免許者、玉掛技能講習修了者、型枠支保工作業主任者、合図者

1.危険性又は有害性の特定

1.危険性又は有害性の特定

工事を施工するうえで、予想される危険又は有害要因を特定します。
「作業区分」には、危険性が予測される作業名を入力します。
「予測される災害(危険性又は有害性) 」には、作業区分に書いた作業において、発生が予想される事故や災害を書き込みましょう。

具体例
「作業区分」
・移動式クレーンの設置
・移動式クレーン作業
「予測される災害(危険性又は有害性) 」
・クレーンの設置場所の地盤状態が悪く、クレーンが転倒する。
・ブームが高圧線に接近しすぎ、又は 接触して玉掛け者等が感電に巻き込まれる。

2.リスクの見積り

2.リスクの見積り

「1.危険性又は有害性の特定」で特定した、予測される災害に対してリスクを見積もり、リスクレベル(優先度)を判定します。
各評価項目は次のような仕組みになっています。

「可能性(度合)」
予測される災害の発生可能性を1~3の数値で評価します。
数値の内容は、「1:ほとんどない」「2:可能性がある」「3:極めて高い」の三段階です。

「重大性 (重篤度)」
予測される災害の重大性を1~3の数値で評価します。
数値の内容は、「1:軽微(不休災害)」「2:重大(休業災害)」「3:極めて重大(死亡・障害)」の三段階です。

「見積り」
「可能性(度合)」と「重大性 (重篤度)」で評価した数値を合計した数を表記します。
合計した数が大きいほど、災害の危険性や有害性が高いといえます。
評価基準は次のとおりです。

2:問題は少ない
3:多少問題がある
4:かなり問題がある
5:重大な問題がある
6:ただちに解決すべき問題がある

「リスクレベル」
「見積り」で評価した数値をもとに、予測される災害への対策優先度を1~5の数値で表します。
見積りの数値とリスクレベルの数値の対応は、次のとおりです。

見積り2・・・リスクレベル1(対策の必要なし)
見積り3・・・リスクレベル2(現時点では必要なし)
見積り4・・・リスクレベル3(何らかの対策が必要)
見積り5・・・リスクレベル4(抜本的な対策が必要)
見積り6・・・リスクレベル5(即座に対策が必要)

3.リスク低減措置内容の検討

3.リスク低減措置内容の検討

「2.リスクの見積り」で判定したリスクレベルにもとづいて、予測される災害の発生可能性を減らす措置を検討します。
リスク対策に投入できる経営資源にも限りがあります。
ですので、リスクレベルの高いところから重点的に低減措置を講じていきましょう。

職名・氏名

各種役職や責任者の職名と、担当している者の氏名を記入します。

再下請会社の関係者の職名・氏名・会社名等

再下請会社がある場合には、各再下請会社に所属する工事関係者の職名・氏名・再下請会社名を書きます。
なお、再下請会社名の「次」の前には、二次請の場合は「二」を、三次請の場合は「三」と書き入れます。

元請工事業者提出書類一覧

工事安全衛生計画書以外にも、元請負会社へ提出する安全書類があるときは、該当する書類にチェックを入れます。

あとがき

今回は工事安全衛生計画書について紹介しました。
作成時の参考になれば幸いです。

作業中の災害や事故の発生を防ぐためにも、工事に携わるすべての人たちが安全衛生を考えることはとても大切です。
工事安全衛生計画書は、現場で気をつけるべき事項を共有するツールとして役立ちます。
元請負への提出書類としてだけでなく、実際に安全衛生のガイドラインとして活用できるような計画書を作成しましょう。