C'Lab

BIMとCIMって?建設業界の注目ワードをとことんやさしく解説します

建築コラム

21
BIMとCIMとは?

建設業界では、建設サイクル効率化のために「BIM/CIM」が注目されています。

「BIM/CIMと耳にしてもよく分からない」
「BIMとCIMの違いは?」
「よいことだけではなく課題点も知りたい」

こうした疑問を持っている方に向けて、今回はBIM/CIMの概要や利点、課題点について分かりやすく解説します。
ぜひ、BIM/CIMを理解するうえでの参考にしてください。

BIM/CIMとは?

まずはBIM/CIMの基本的な情報と、2つの違いについて見ていきましょう。

BIMとは

BIMとは、「ビルディング・インフォーメーション・モデリング(Building Information Modeling)」の略称です。
建設工事の計画段階から3次元モデルを使い、情報共有しながら建設を進める、まさに新時代の建設プロセスと言えます。

ICTを活用するBIMは、計画から建設物の管理にいたる各段階において、正確な情報の共有が可能です。

CIMとは

CIMは、「コンストラクション・インフォメーション・モデリング(Construction Information Modeling)」を略した用語です。

BIMと同じく、3次元モデルを用いて関係者間で情報を共有します。
スムーズな情報共有によって、高度な建設生産システムを効率よく行うことが目的です。

CIMの概念が主に使われるのは、道路や電力、水道などのインフラ整備です。

BIM/CIMの違いとは

BIMとCIMは、国土交通省の「BIMを建設分野、CIMは土木分野の概念とする」との提唱から、当初は別の考え方とされていました。

しかし、BIMとCIMの異なる点は、規模や対象のみです。
どちらも3次元モデルをコンピューター上で構築し、情報を共有しながらプロセスを進めます。

また、BIMはアメリカ発祥の概念ですが、土木分野のCIMは日本オリジナルの概念です。
海外においては、建設・土木分野のどちらもBIMと定義されています。

国際標準化の時流を考慮した国土交通省は、BIMとCIMの名称を、建設の3次元化をまとめた呼び方である「BIM/CIM」に統一(2018年)。
以降、BIMとCIMは同じ概念であるとして推進されています。

参考:技術調査 BIM/CIM関連|国土交通省

BIM/CIMを取り入れる目的は?

BIM/CIMを導入する目的は、以下の4点です。

・情報を有効に生かす
・最適な設計を行う
・施工の効率化と高度化を図る
・維持管理の効率化と高度化を図る

BIM/CIMを取り入れると、設計の段階における構造計算や解析を、より簡単にできます。
また、施工が始まってから作られる3次元モデルに時間軸を組み込めば、現場管理の効率アップや、施工計画の最適化が可能です。

すべての建設サイクルを効率的にするために、BIM/CIMは取り入れられるのです。

BIM/CIMを取り入れるとどうなる?

BIM/CIMの導入によって、建設業界はどうなるのでしょうか?
以下の3点にまとめました。

働き方が変わる

まず挙げられるのは、BIM/CIMは建設業に携わる人たちの働き方を変えるという点です。

BIM/CIMではICTを活用するため、省人化が実現します。
そのため、深刻な課題である建設業界の技能労働者不足を、補うことが可能です。

また、作業の高度化・効率化によって工事日数が短縮されるので、休日の拡大も期待できます。

建設現場が変わる

建設の各プロセスでBIM/CIMモデルを用いることによって、品質や生産性の向上がもたらされます。

例えば、測量段階でドローンを活用すると、3次元の測量作業を短時間で完了できます。
また、計画・設計段階においては、3次元モデルの使用によって設計ミスや手戻りをなくしたり、コストや工期面を最適化したりすることが可能です。

新産業が生まれる

建設作業や維持管理の全体を3次元データでつなぐBIM/CIM。
導入の進捗に合わせて、新しい産業の需要が生まれます。

例えば、インフラの維持管理をロボットに任せる場合には、建設ロボット・AIの産業の創出・進化が欠かせません。

BIM/CIMの課題とは?

ここまでBIM/CIMの概要や利点について見てきましたが、BIM/CIMのもつ課題にも目を向けてみましょう。

BIM/CIMの最たる課題は、操作の難しさです。

従来の3次元モデルは、2次元の図面作成後に3次元を形づくるというステップでした。
しかしBIM/CIMでは、初めから3次元モデルの構築が可能である反面、高い空間把握能力や正確にパーツを配置する高難度の技術が必要です。

ただし、BIM/CIMは比較的若い概念です。
この先、操作の難しさが改善され、ノウハウが蓄積されることは十分考えられます。

操作性の難易度が下がるのと同時に、BIM/CIMを扱える人は増加し、建設業界全体の生産性は向上するでしょう。

あとがき

今回は、建設の全プロセスを効率化できるBIM/CIMについて解説しました。

BIM/CIMの導入によって、建設業界には働き方や現場作業の変革がもたらされます。
最大の課題である操作性の難しさについては、時間とともに改善すると予想できます。

建設業界の生産性アップに役立つBIM/CIMの今後に注目しましょう。

関連記事:建設スタートアップって何?革新的な技術やサービスを生かし、建設業界の課題を解決する!