C'Lab

[グリーンファイル]持込機械等(電動工具/電気溶接機等)使用届の書き方ガイド!

建築コラム

5
持込機械等(電動工具/電気溶接機等)使用届の書き方ガイド

電動工具などの機械は現場での作業をスムーズに進めてくれるので、とても重宝しますよね。しかし、便利な半面、扱い方を誤ると大きな事故につながることもあります。

そんな事態を未然に防止するために作成するのが、今回書き方をご紹介する「持込機械等(電気工具/電気溶接機等)使用届」です。

労務安全書類(グリーンファイル)のひとつであるこの書類は、電動丸ノコや電気カンナなど、さまざまな種類の機械を現場で安全に使用するために必要となります。

書類作成は少し面倒な作業かもしれませんが、これからご紹介する内容を参考にすると、サクッと完成させることができますよ。

その他の労務安全書類(グリーンファイル)について知りたい方はこちらもオススメです!

「持込機械等(電動工具/電気溶接機等)使用届」って何?

「持込機械等(電動工具/電気溶接機等)使用届」とは、建設現場で使用する機械の状態を工事着工前に点検し、その安全性を証明する書類です。

この書類を作成する必要があるのは、実際に現場で機械を扱う一次下請負以下の会社。書類ができあがったら、元請負の会社に提出します。

「持込機械等(電動工具/電気溶接機等)使用届」の基本のフォーマット(書式)は、「全建統一参考様式第6号」です。A3サイズの用紙を横向きで使うことになります。

メインとなる記入項目はふたつ。「持込機械の詳細」および「点検表」です。

気をつけなければいけないのは、会社で持込機械を保有していなくて、業者などからレンタルした機械を使用する場合です。このような場合でも、機械を使う会社はこの書類をつくらなければなりません。

「持込機械等(電動工具/電気溶接機等)使用届」の書き方

ここからは、書類の具体的な書き方についてご説明します。

持込機械の詳細

「持込機械等(電動工具/電気溶接機等)使用届」の左ページを見ると、工事の事業所や自社の名前などを書く項目が設けられており、その下には持込機械の詳細を記入する欄などが用意されています。

使用届の左ページにある項目はつぎのとおりです。

・番号
・機械名
・規格・性能
・管理番号・受付番号
・持込年月日・搬出予定年月日
・点検者
・取扱者
・機械の特性、その他その使用上注意すべき事項
・元請確認欄・受付確認者

※「番号」の欄にはあらかじめ数字が記載されているフォーマットがほとんどです。そのため、こちらへの記入は不要となります。

それぞれの項目の注意点についてお伝えしていきます。

機械名

「機械名」の項目には機械の商品名ではなくて、機械の分類名を記入します。
記入例:「ウインチ」や「電動丸ノコ」など

書類の右はじ(点検表の隣)に機械の分類名が記載されているので、機械の分類が分からない時には参考にしてみてください。

規格・性能

この項目には、機械の電圧と特有の規格性能を書きます。

規格性能の記入例をいくつかご紹介します。

例1.ポンプ…口径と揚程(ポンプが水をくみ上げることのできる高さ)
例2.ベルトコンベア…ベルト幅と長さ
例3.ウインチや電気チェーンブロックなど…対応する重量
例4.アーク溶接…電圧と電流

機械の取扱説明書を確認しながら記入しましょう。

管理番号・受付番号

「管理番号」の方には機械を使う業者が機械の管理番号を書きます。なお、この管理番号は、自社で設定しましょう。

「受付番号」の方には元請負会社側が番号を記入するので、書類作成時は空欄のままにしておきます。

持込年月日・搬出予定年月日

この項目には、該当機械の現場への持込年月日と搬出の予定日を記載しましょう。建設工事が終わるのがいつなのか分からない場合には、搬出予定日は空けたままでも構いません。

点検者・取扱者

持込機械を点検する人と取り扱う人の氏名を記入しましょう。点検者と取扱者は、同一人物でなくても問題ありません。

「点検者」として適しているのは、その機械に詳しい人や機械の扱いによく慣れている人です。このような人を任命することで、点検の確実性を裏づけることができます。何か特別な資格を持っている必要はありませんが、作業指揮者や作業主任者、職長といった責任者に任せるのが適切でしょう。

機械の特性、その他その使用上注意すべき事項

これは、持込機械についての記入枠の下に位置する項目です。ここには、機械を安全に扱うために元請負の会社に知っておいてほしいことや、元請負の会社に用意してもらいたい設備などについて書いておきます。
記入例:「100Vの機械については3芯コードリールおよび3Pコネクタ(設置極付)を用意しますので、接地極付コンセントを支給していただきますようお願いいたします。」

元請確認欄・受付確認者

左ページの最も下の部分には「元請確認欄」があり、書類の受付が済むと、元請負会社の担当者が判子を押してくれます。

その右には「受付確認者」という欄があります。滞りなく書類受付が完了し、機械の管理番号が発行されたことが確認できたら、確認した年月日と自分のサインまたは判子を押しましょう。

持込機械の点検表

つづいて、「持込機械等(電気工具/電気溶接機等)使用届」の右ページにある「持込機械の点検表」についてご説明します。

右ページはすべて持込機械のチェックリストとなっています。

チェックリストにはあらかじめ、「アース線」「キャップタイヤ」などの点検事項が記載されています。左ページで割り振った番号に合わせて、対応する機械をチェックし、問題がなければ「レ点」を記入していきます。

点検事項の中で気をつけたいのが、「絶縁抵抗測定値」の項目。ここにはチェックした際の測定値(MΩ)を書きましょう。

現場に持ち込む機械によっては、使用届にあらかじめ記載されている点検事項だけでは、安全性がチェックできないことがあります。その場合には、点検表の下の部分にある「その他」となっている空欄に、点検事項を追記して「レ点」をつけましょう。
例:コンプレッサーを使用する場合には、「圧力スイッチ」「安全弁」「圧力計」の3つの点検事項を追加で記載します。

発行されるステッカーを貼り、手続き完了

完成した「持込機械等(電動工具/電気溶接機等)使用届」を、元請負会社に提出すると発行されるのが、ステッカータイプの「持込機械届受理証」もしくは「持込機械届済証」です。これは、機械ごとに発行されます。

ステッカーには、機種、持込会社名、運転手・取扱者、使用会社名、受理年月日、受理No.、使用期間、会社名を記載する欄があります。ステッカーの各項目に内容を記入し、該当機械の目立つところに貼りつけましょう。これで、機械持ち込み前の準備は完了となります。

元請負によっては、ステッカーの発行はおこなわずに、機械の受付番号の発行だけ実施するところもあります。その場合はステッカーを自分の会社で作成します。裏面がシールになった「持込機械届受理証(全建統一様式第10号)」がお店やインターネット上で販売されていますので、そちらを使用するとよいでしょう。

あとがき

電動工具などは便利なアイテムなので、建設作業に必要不可欠です。しかし、工事を順調に進めるためには、使用する機械の安全性はとても大切なポイントですよね。

今回ご紹介した「持込機械等(電気工具/電気溶接機等)使用届」を提出した後も、機械の点検を定期的におこない、現場の安全を確保しましょう。