C'Lab

「DNP高視認性パターンライト」が札幌市の道路の区画線整備で採用

プレスリリース

19
大日本印刷株式会社

「DNP高視認性パターンライト」の試験提供を開始

大日本印刷株式会社(DNP)は、2019年にラインや矢印などのさまざまな形状の光パターンを遠方まで投影できる「DNP高視認性パターンライト」を開発し、工事現場などへ試験的に提供しています。

この製品は、北海道技建株式会社が2022年4~8月に実施している札幌市の道路区画線整備にて、「施工用ラインガイド」や「進入車両の誘導用矢印」の用途で採用されています。

今回、工事に必要な基準線・区画線等を路面上に示す「作図工程(墨出し作業)」にこの製品を利用することで、従来方式と比較して、墨出しの作業時間を約70%以上、作業コストを約75%以上短縮できることが確認できました。

また、交通規制等の準備から、消えかけたラインの消去、墨出し、新しいラインのペイント、規制の解除などまで、全体の工程にかかる時間の最大35%の短縮と最大24%のコスト削減につながることも確認できました。

DNP高視認性パターンライト1
投射したラインガイド(緑の光の線)に沿った区画線塗工作業(施工:北海道技建株式会社)

「DNP高視認性パターンライト」の効果について

北海道等の豪雪地では、専用車両で路面を削るように除雪する作業が年に複数回実施され、道路の区画線が摩耗・劣化するため、毎年4月頃から区画線のメンテナンス工事を実施しています。

これらの工事は交通量が少ない夜間に行われることが多く、限られた時間で、効率的かつ高精度に、移動規制をともなう工事を行う必要があります。

また、夜間は施工区域への車両侵入のリスクも高まるため、そうした事故の防止も課題となっていました。

こうした課題に対し、小型で消費電力が低く、持ち運びや使用が容易で、さまざまな形の光や、最長で約100m先までシャープな線状の光を投影できる「DNP高視認性パターンライト」が区画線メンテナンス工事に採用されており、今回その成果が明確になりました。

札幌市の道路区画線整備における「DNP高視認性パターンライト」の利用方法

■施工用ラインガイド
次の2つの方式で利用されています。

(1)本製品を路面に固定し、線状の光を投影したラインガイドに沿って直接区画線を施工する方式、(2)車両に本製品を搭載し、ペイントが剝がれている箇所等の物理的な目標に向けてラインガイドを投影する方式。特に

(1)の方式では、作業負荷が高いとされる区画線等の「作図工程(墨出し作業)」の時間を約70%以上、作業コストを約75%以上短縮できました。

また、墨出し前後の工程も含む作業全体の時間の最大35%の短縮と最大24%のコスト削減につながることも確認できました。

DNP高視認性パターンライト2
DNP高視認性パターンライト3
投射したラインガイドに沿って区画線を塗工する作業車両(施工:北海道技建株式会社)

■車両の誘導用矢印の表示
夜間の作業員や運転者の安全性向上のため、従来のLED表示板や保安灯による注意喚起に加えて、道路規制車両に「DNP高視認性パターンライト」を設置し、車両誘導用の矢印を大きく路面に投影します。

例えば、工事個所の数10m手前から、視認可能な矢印を明るく投影することが可能です。移動規制をともなう施工区域に進入する車両に注意を喚起するなど、安全で効果的な誘導ができます。

DNP高視認性パターンライト4
規制車両から矢印パターンを投影することで後方車両へ注意喚起

「DNP高視認性パターンライト」の概要と特長

○小型で低消費電力でありながら、遠方まで明るく明瞭なパターンを投影することが可能*1です。直線や矢印など、用途や場所に適したパターンを投影できます。

*1 詳細はこちらをご覧ください。

○「施工用ラインガイド」として、シャープな光の直線のラインを遠方まで投影して表示できます。製品の設置角度を調整することで、数mから約100m先まで光を投影することができます。

○「進入車両誘導用矢印」として、数10m手前から視認可能な大きな矢印を明るく投影できます。走行車両に向けて、いち早く注意を喚起することが可能です。

○本製品は三脚などに固定したり、他の製品等に設置したりして、光を投影します。

今後の展開

DNPは、「DNP高視認性パターンライト」の販売のほか、本製品を活用した作業支援のコンサルティングなども行い、境界表示・注意喚起・誘導表示等のさまざまな利用方法を拡大していきます。

19